【はじめての不用品回収】不用品回収で何ができる?

1.粗大ごみに出せないものもお任せ!不用品回収のメリット

不用品回収のメリットとして筆頭に上がるのが、業者に依頼してしまえば大抵のものは処分してもらうことができる点です。引っ越しや遺品整理などで処分したいものがたくさんあるときには大型のごみが出ることはよくあります。しかし、各自治体の定めに従って処分を行わなければならないことから処分に困ってしまうことも少なくありません。リサイクル対象になっているテレビやエアコン、特殊な部材・素材で作られている製品、消火器やタイヤなどの粗大ごみに出せないようなものであったとしても基本的に処分することができます。また、粗大ごみとして出す場合には自分の予定通りの日に処分することができないのが基本です。しかし、不用品回収の場合には業者と相談して自分の都合の良い日時に来てもらうことができます。

 

2.不用品回収できる品目・種類

不用品回収で扱ってもらうことができる品目や種類については業者によって多少の差はありますが、ここに対象外品目を定めているのが一般的です。代表的なのが生ゴミや食品、土や砂、汚物などであり、液体類も対象外としている業者が多くなっています。この他にも生木やブロックなども扱っていないことが少なくありません。一般的には家具、リサイクル家電を含む家電、日用品、本や雑誌、楽器などの様々なものを扱っています。医薬品や消耗品についても扱っていないことが多いので注意しなければなりません。
ダストマンで回収できないものはこちら

 

3.不用品回収サービスでは片付け・遺品整理・買取を行うところもある

不用品回収を業者に依頼するときにはサービス内容について詳細に吟味することが大切です。ただ不用品の処分を行ってくれるだけでなく、オプションサービスも提供している業者もあるからです。不用品を処分したいときには部屋の片付けをしたいときもありますが、依頼すれば部屋の片付けまで行ってくれる業者もあります。また、人が亡くなってしまったときには遺品整理を行うことになります。遺品整理にはノウハウをよく知っていることが必要になりますが、知識のあるスタッフを抱えていて遺品整理にも対応してくれる業者もあります。ダストマンでは部屋の片づけ、遺品整理、一軒丸ごとの回収、ゴミ屋敷の清掃も行っておりますのでご相談ください。

一方、オプションサービスとしてではなく、買取も行ってくれる業者も多くなりました。家具や家電などの場合にはリサイクルショップなどに持っていくことで高く売れるものもしばしばあります。楽器や本、雑誌などの身の回りにある品物についても種類によっては高額買取してもらえる場合があるのも確かです。広く買取を行ってくれる業者に依頼すると買取によって処分費用が相殺されて安上がりにできる可能性があるのがメリットになります。ダストマンでは国内外合わせ様々な販路を持っているので、買取ができ あります。

 

4.不用品回収を依頼する流れ

業者に不用品回収を依頼するときにはまず電話やメール、ウェブフォームなどで連絡をします。その際に住所や回収して欲しい品物の種類や量について大まかに伝えることになるのが一般的です。そして、不用品回収に来て欲しい日時を伝えて予約を取ります。当日になると担当者が現場を見て見積もりを計算し、その結果に納得したらその場で作業を開始するというのが一般的な手順です。そして、作業が修了した後、現場確認を行って確かに仕事が完了しているという報告を受けます。その時点で現金またはクレジットカードなどによる精算を行うというのが不用品回収の流れです。また、早めに見積もりを取って予定している日時に回収に来てもらいたいという場合にはその旨を申し出れば対応してもらえます。ダストマンは明朗会計を心がけており、場所や日時、回収品目をあらかじめお伝えいただければ電話でのお見積もりもしっかりお答えいたします。
お見積もり、お問い合わせはこちら

不用品で困ったら
今すぐお電話ください!

0120-915-720

フリーダイヤル
受付 9:00~19:00

見積り予約フォームはこちら