引っ越しをするときに「不用品」に化けがちな家具とその処分方法

■はじめに

引っ越しの際には多くの不用品やゴミが出てしまいますが、一番多い不用品とは何なのでしょうか。また、それらを処分する時にかかってしまう費用や労力についてご説明いたします。出来るだけ効率良く簡単に引っ越し作業をするためにも不用品になってしまう家具や家電などは早めに段取り良く処分をしましょう。

 

■不用品になってしまいがちな家具とは

最近では、リーズナブルで品質の良い家具類などが多く販売されているので、引っ越しを機会に新居に合わせて気軽に家具を買い替えると言う方が多くなってきました。そうなってくると、不用品や粗大ゴミが多く出てしまうものですが、引っ越す時に一番多く不用品になってしまう家具は、ベッドや冷蔵庫、洗濯機などです。

ベッドはやはり良い物を使いたいので、引っ越しを機会に新しい部屋に合わせて買い替える方が多く、冷蔵庫や洗濯機も毎日使うものなので、新居に合わせて新調したいという方が多いようです。その他はテレビやエアコンと続いています。これらはとても大きいものですし、冷蔵庫や洗濯機は家電なので、処分する際には特別な法律が絡んできます。

引っ越しを目の前に、不用品の処分で思わぬ出費と時間を割いてしまったと言う声も多く聞かれるので、大事な引っ越しの作業を邪魔してしまわないように段取り良く大きな不用品は処分をしましょう。引っ越しの際に出る不用品はどうしても家電が中心になるので、通常の粗大ごみ回収では出せないものが多いのです。

 

■不用品処分にかかる費用と労力

引っ越しをする時に不用品として処分することの多い家具や家電は、処分する費用も非常に高額になってしまうものが多いのです。冷蔵庫ならば5,000円ほど、エアコンに関しては1万円近くかかってしまう場合もあります。

もちろん、引っ越しをするとなれば不用品は1つや2つではおさまらないでしょう。何個も不用品や家具を処分してもらうには何万円も費用が掛かってしまう事になります。また、処分センターまで自分で運搬しなくてはならないので、軽トラックを借りて作業をしなくてはなりません。これは女性や高齢の方にはとても大変なことです。引っ越しの際に出てしまう不用品は家電だけではなく、ソファーやテーブルなど重い家具も多いので自分で処分センターまで持って行き、処分をすると言うのは非常に大掛かりな事になってしまいます。

 

■どのように処分するのがおすすめなのか

引っ越しの際に出てしまう不用品の処分は、不用品回収業者に回収を依頼するのがおすすめです。家電以外にも家具類の回収も行ってくれるので、大きなゴミが無くなり、スッキリした状態になるでしょう。回収業者に依頼するのが初めてで、勝手がよく分からないと言う方でも、無料の見積もりや電話相談も行っているので、疑問点や分からない部分を解消する事ができます。
ダストマンへのご相談、見積もりはこちら

自宅まで都合の良い日時に回収に来てくれるので、手間もかかりませんし、重たい粗大ごみを運ぶ必要もありません。不用品回収業者に依頼すると言うのは、自治体などに処分を頼むよりも時間が節約できるやり方と言えます。また、自治体の回収料金よりも業者の方が安くなるものもありますので、費用を抑えたい方にもおすすめできます。

 

■まとめ

不用品になってしまいがちな家電や家具類と言うのはどれも大きくて重いものが多いという事が伺えます。これらは引っ越しの際にはできるだけ簡単に手間をかけずに処分をしたいので、自分自身で無理をするのではなく、回収業者に依頼をするのがスムーズに処分できていいでしょう。特に家電の場合は法律が絡んでくるので、別途費用も発生してしまいます。業者を利用してできるだけ簡単に粗大ごみを処分しましょう。

不用品で困ったら
今すぐお電話ください!

0120-915-720

フリーダイヤル
受付 9:00~19:00

見積り予約フォームはこちら