ちょっと待った!自治体の粗大ゴミ回収に出せるもの・出せないものをチェック!

■はじめに

自治体の粗大ゴミ回収は全ての不用品を回収してくれると言う訳ではありません。中には回収してくれないものと言うのもあるので、注意が必要です。また、高額な費用が掛かる場合もあるので、事前にどんなものが回収できないのかを正しく知っておきましょう。

 

■自治体で回収できない粗大ゴミとは

エアコン、テレビ、洗濯機(衣類乾燥機等)、冷蔵庫などの多くは粗大ゴミで回収する事ができません。意外と思われるかもしれませんが、これらは家電リサイクル法と言う法律の下に処分する必要があるのです。これらは家電4品と言い、自治体では回収できない物なのでしっかりと知りましょう。粗大ゴミと言うとこれらの4品を思い浮かべる方も多いのですが、回収してくれると思っていると、自治体が持って行ってくれないと言う事態になってしまうので、非常に困る事になってしまいます。

また、パソコンも粗大ゴミとして回収する事は出来ないので、処分に困る物の代表と言えます。どれも私たちの生活に無くてはならないものばかりなので、正しく処分方法を知っておきたいものです。パソコンの処分にも資源有効利用促進法と言う法律が絡んでいます。この他にも、自治体では回収できないゴミと言うのは多くありますので、予め何が回収できて何ができないのかと言う知識を持っておくことが大事です。

 

■自治体で処分すると別途費用がかかります

家電4品やパソコンを自治体で処分してもらうためには、リサイクル料金といい、別途処分費用が掛かってしまいます。リサイクル料金は粗大ゴミの大きさやメーカーにより違ってきますが、一般的にエアコンだと1,400円、大きな冷蔵庫になると4,600円近くかかってしまう場合があります。粗大ゴミの量が多い場合はとても高額になってしまいますので、ゴミを回収するだけでもかなりの出費となってしまいます。

また、自分で粗大ごみを処分センターまで持ち込めない場合は運搬費もプラスされてしまいます。自治体の回収以外にも、家電販売店などでも回収してくれる場合がありますが、費用は同じく掛かってしまいます。ゴミを捨てるのに多くの費用を出したくないと言う方には、おすすめできない処分方法と言えるでしょう。

 

■面倒な手続きなしに不用品を処分するには

自治体で回収できない粗大ゴミを処分する時には、色んな手続きや特別な費用が掛かってしまう事が多くあります。ゴミの処分にそんなに手間も時間もかけていられないと言う方は、不用品回収業者に依頼をするのがおすすめです。回収業者ならば電話で全ての段取りが決められますし、面倒な手続きなども必要ありません。料金体制もハッキリとしているので、思いもよらない出費になると言う事も無く処分が完了します。回収業者は早ければ即日に対応してくれる所もありますし、大量の粗大ゴミでも対応してくれるので、自治体のやり方に沿って処分するよりも効率的に処分ができます。

また、処分の料金も見積もりのみならば無料と言う所が殆どなので、大体の費用も見通しが付きます。その他に分からない事や疑問点があれば電話での相談もできるので、安心して依頼する事ができます。粗大ゴミ処分の費用を抑えたい、都合の良い日時に引き取りに来てほしいと言う方には回収業者に依頼すると言うのは効率の良いやり方なのです。

 

■まとめ

自治体の粗大ゴミ回収には出せない物が結構あると言う事がお分かり頂けたのではないでしょうか。どれも生活に直接関わっているものばかりなので、処分する事を避けて通れないものばかりです。回収業者に依頼する方法はとても合理的で便利と言えるので、自治体の回収に出すのが面倒だと感じている方は無料の見積もりをされてみてはいかがでしょうか。
ダストマンへのご相談、見積もりはこちら

不用品で困ったら
今すぐお電話ください!

0120-915-720

フリーダイヤル
受付 9:00~19:00

見積り予約フォームはこちら